木曜日診療のおしらせ

*H26年1月から木曜日診療日となります

*診 療 日

●月・火・水・金 9:00〜18:00(最終受付17:45)
●  木曜日   9:00〜12:00(最終受付11:45)
●  土曜日   9:00〜19:00(最終受付18:45)

*休憩時間  12:00〜13:30
*休診日    日曜日・祭日    
院長
makura1.jpg
翌朝スッキリ!首ぴったり枕でからだもラクラク! 
朝起きても、肩・首・頭がすっきりしない・・・ 熟睡できない!!!
今の枕自分に合っていないかもしれません。
オーダーメイド枕はこちらから 

スパイラルテーピングが肺活量増加に効果的と新聞記事事項

札幌医大病院リハビリテーション室(石井清一教授)

理学療法士・大畠純一係りの研究グループは、スパイラルテーピング

肺活量を増加させる事を突き止めた。

同テーピング効果を科学的に分析した研究報告は珍しい。

 

スポーツ現場で広く用いられるようになったスパイラルテープは、

筋緊張低下、疼痛軽減を目的に田中信孝全米アスレチックトレーナー

協会講師が考案した。

しかし、効果や機序について科学的な根拠が乏しく、大畠係長はテープ

の立位バランスなどの改善効果を既に学会で報告している。

 

同係長はテープが胸部運動改善にも関与し、呼吸機能を向上させる

可能性を予測。

運動歴の無い男子高校生を対象に肺活量に与える影響を検討した。

 

その結果テープ貼り付け前の肺活量は、2210〜5040mlに対し、

貼り付け後2700〜5100ml(同3817ml)と増加

標準偏差も 934ml〜794mlとばらつきが抑制された。

増加量の平均は338mlで、最低20ml〜最大1250mlまで増えており、

大畠係長は拡張を示し、肺の容量拡大を促進させたと話している。

 

ゆらみん整骨院へお越し下さい!